2017年10月18日

TX2K18




今度こそは駐車違反しないぞ〜〜!


日程は

ですが


土日しか見ません。


サブライブ得意の弾丸!旅行!







posted by KOYA at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月17日

今日は、砺波のイオンへ

AEON_MALL_KISOGAWA_KiRiO_01-1024x685.jpg

行き!


コストコへ

1280px-CostcoMoncton.jpg


行き!



工場へ戻り



カーボン 1ヒート

バッキングしまして



工場の無線LAN 終了しまして
近所のヤマ電へ!

wifi交換

design_img.jpg

また明日も行かなければ!

そして


お客さんと打ち合わせ!


そんな!1日でした。


明日からはまたカーボン作業に没頭!

頑張ります。






posted by KOYA at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月16日

カーボンも大量入荷しましたので

ジャンジャン進めてます!

ハニカムが入荷待ちなので

ハニカム入りオプションのものは
来月生産です。








明日は砺波と滑川に用事で行くので


出たり入ったり



です。



お急ぎの方はお電話で!










来年度のHKSカレンダーを発注!

株式会社になった1年目記念も込めまして

デザインを新たに!

チョイ ゆず も足しておきました!

サブライブユーザー様へはでき次第お渡しいたします。

ご希望の方は遠慮なくお申し出くださいませ。

 D様の MY-17 R35の納車日も聞きまして!

いよいよですね!




posted by KOYA at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月14日

Rsミーテングの ゼロヨン 紹介されてます。

IMG_2266.jpg

真鍋さんの記事
http://www.automesseweb.jp/2017/10/14/32333



IMG_2272.jpg


まだ此処では制御中でしたが

この後のテストでポンプトラブル!

その後のセントラルで R35 最速日本記録!!

そんな感じでした。

残すところ R35くんの  走行ステージ回数は
後少し!


昨年の10月シェイクダウンから1年 
1度5月に不調ながら 記録更新しましたが
納得のいく物ではないタイムなので歓喜もなく!

9月に 8.785で日本記録更新! 

まだガッツポーズはできません!
地元の応援とサブライブファンの皆様に支えられてます!
どこかでガッツポーズできるまで頑張ります。
posted by KOYA at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月13日

S660のリアスポ

装着





点検




です。





明日の午後には終わると思います。











カーボン資材もようやく入荷!

やっと着手できます。

皆様お待たせしました。
続々 仕上げます。



posted by KOYA at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月12日

なぜか?そんな気持ちに

キンバー


なぜか欲しい!


でも欲しいだけ


買いません!
posted by KOYA at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月11日

エンスト症状との対決

してました。




22310569_1382720041825157_3834389243647934022_n.jpg



点火と燃料を

水温の補正で感じさせて


回避


I様

いかがでしょうか?


ベルトも張りました

又インプレお待ちしてます。
posted by KOYA at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月09日

昨日は三重県まで

F1


ではなく


R35

の 引き取りに!




EXマニ作ります。

ストックマウントはできないくらいのサイズなので

前置き!に!


取材も兼ねてますがサブライブさんは製作側で裏方ですから

R35ムック本で詳細をご覧ください。


行きと帰りは若干のF1渋滞に巻き込まれて疲れまして


大幅に
時間かかりました。 たった350キロしかないのに

高速で6時間!


AT2トン車だから


我慢できたけど!


今日は朝から急な用事で

工場出たり入ったり!に


なります。


明日から見習い君が工場にいます。

しばらくは単独訓練ですのでよろしくね!



posted by KOYA at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月07日

手作り の お祝い

いただきました。

作ってくれたのは サーキットガールのKanaさん!

ありがとうございます。

特製 8.7!クッキー!


22228588_1379220802175081_6356277790750524146_n.jpg

記録更新するたびに 作ってくれるそうで!

早速!パクパク! ごちそうさま!


ユズにもオヤツいただきまして

重ね重ね
ありがとうございます。


11月の記録更新目指して頑張ります。

先日は、車検でお預かりのブラックR35のSさんいつもありがとうございます。

来期の計画 楽しみです。

来週は、M様のR35車検!ブレーキパッドも点検
オイルも交換ですね!


お天気の良い日に伺います。



明日は三重県まで出張ですので工場はお休みしてます。
F1もあるから帰り渋滞してるかも?



posted by KOYA at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月06日

8日はお休みしますね。

出張とマシン引き取り予定です。


本日も15時以降は石川にブラックを引き取りです。

明日(土)は終日みなさまをお待ちしてます。

R35 GTR国内初の8秒突入祝勝会、記録更新決起集会は10月中に行います。


R35専用 レース用オイルエレメントアダプターの販売をおこないます。
純正は0W40の粘度に対しての通過面積とフィルター密度を設定されています。
サブライブではHKS社製の通路面積が多い物をR35オーナー様へお勧めしてきましたがモデルチェンジのため在庫限りで入手困難になることを懸念しまして販売に至りました。
走行会やレースの場合は粘度調整したオイルが必要となるため通路面積、オイル通過密度が十分満たされないため国内市販のエレメントですと大幅な油圧ドロップが発生します。 そのための変換アダプターを利用し海外製のレース用エレメントを使用が可能になります。レース用エレメントは国内にはない密度で油圧ロスを抑えます。 ストリートの方はロングライフの物をチョイスしてくださいませ。
 
ラージエレメントアダプター:(フィルター本体2個レース用又はストリート用選択、アダプター、ボルト込み)価格:24800yen税別です。ブラック硬質アルマイト仕様です。

posted by KOYA at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月05日

専門雑誌の取材日程は

11月12日(日)に決定しました。


雨天決行です。
参加可能な方はお申し込みくださいませ。
GTーR(32−33−34−35)に限ります。

ノーマル
チューニングカー
老若男女!
こだわり無し!勇気を出して

参加表明!

台数は14台ですのでお早目に!


参加表明していただいた方にもう一度確認しますね。

場所は参加者の方に後日お伝えします。

GTRオーナーの誇り 記念にもなる取材撮影です。

マイカーの隣でご家族でもOKです。

我こそはと思うサブライブのGTRオーナー様!

参加表明お待ちしてま〜〜す。

r35@drag.jp または090-3297-3005にご連絡ください。

posted by KOYA at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月03日

スタート地点

にようやく付いた感じの

R35君!

ブーストの制御の縛りで2K以上で真面にゴールできなかったのが

9か月!

制御を変更してテストとプログラムで
2か月

シェイクダウンして11か月で8秒台
まぐれやギリ突入ではなく、コンスタントに出るポテンシャルを得てます。
ここまでの酷使でエンジンは若干くたびれてはいますが
丈夫なエンジンであることも証明できたかな。

今回、制御もプログラムも叩き台ができて

ここからスタート的な感じです。


https://www.facebook.com/saburi.koichi/videos/1375315419232286/

1640キロの車重 での到達速度は
運転した人でしかわからないですが、毎回恐怖心との戦い!
制動距離の無さには文句を言わず Wパラシュートを次回から
常時使用します。

18814719_813268758825221_2519041693405740390_o - コピー.jpg

クラッチ付き エアーシフターGTR勢にはまだまだ及びませんが
国内初の8秒マシン 国内初のR35 PRO GTR として

まだまだイキマス。

応援よろしくお願いします。




posted by KOYA at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月02日

株式会社 サブライブで初営業

本日から


 株式会社 サブライブ

関係各社の皆様よろしくお願いします。

メーカーさんの契約更新手続きとかありまして事務仕事です。



posted by KOYA at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月01日

タービンのパワーだけですが

まだまだ余裕!


ロガー見て検証中!

エンジンもグングン回ります!
カムの乗りもバンバン!

以前のECU時よりも抑えての加給圧ですが
追従マップにも余裕があるので次回は真剣なFULL REACモードで行ってみたいと思います。
ローンチ回転数もリターングリップのドロップポイントを考慮しまして車速変化とマッチングするように
チョイ調整!

ブーストコントロールも 目標値に更生
しています。

車重は?
R35良く知ってるお店なら分かるんですが・・・・
R35 は内装がない程度では見た目より軽くならないどころか?
安全のためのロールバーやシュートを装着すると外した分より更に重くなるくらいです。
サブR君はリアシートリア内装はがしてますが 
GR6の微妙な音を聞き出す効果もあるので取り外しています。
なので、うるさい!です!

ミッション ECUは 今回から 一般的に評判の良いMY13年を使用してません。
今回から ハンドルのセレクトSW で切り替えてバーンナウトリミッターを装備!
ローンチコントロール もハンドル SWを利用して変更可能!

R35はバーンナウトさせるだけでも大仕事なんです。

見てる方にはモタモタしてるように思いますが・・・・

精一杯の操作と確認で走らせてます。

生で見たい方は もてぎ セントラルサーキット オートポリス が本年の参加サーキットです。


お待ちしてます。







posted by KOYA at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

沢山の祝福のメッセージ



直接電話いただきまして


ありがとうございます。

国内初の8秒台突入ではありますが


自分の中では


まだまだ通過タイムです。


国産スポーツカーの頂点であるGTR

保証を含め純正パーツ供給の縛りや整備知識不足が日本のチューナーの加速度を
鈍らせた現場の中 海外では商品開発や強化パーツ多くのチューナーやユーザーがトライして
記録をぬりかえ 今では6.88secで 1/4マイルのゴールします。

専用コースすら失った国内でのテストや走行会約1年間 走りまくりました。
 
専用コースがあった時代でのタイミングでできなかった事を今でも悔やみます。
その頃の自分には車両購入が精一杯でR35 VR38 を加速させる資金も情報も相談できるパートナーさえも乏しい状態だったので悔しがっても仕方はないのですが ただ、疑問に思うことは 自分の条件よりもより満たされてるショップさんが他にGTRのポテンシャルやR35で競い合う事をしなかったのか?

全世代で培った闘争心やノウハウや人脈 ユーザーへの提案を
なぜ R35 では行わなかったのか?
チューニングメーカーもR35用の商品を作るが半ショップ任せのような販売方法とサポート体制が現実でした。

しかし少なくても RH9の同志とNekoコーポレーションの金子氏だけは 違っていたと思います。

走る場所を用意してくれたり、R35特有のトラブル情報を共有し、特殊な工具や対策部品まで開発してくれる体制。

誰かがやらなければ!

日本の車なのに何もできない車に成り下がるスーパーカーを、楽しめる壊れない車に変えてくれたと今でも思っています。


R35は日本の車なんです。

チューニングメーカーのワークス体制 VS ショップマシンが戦い繰り返された時代を知ってるユーザーさん、またそれを商売にして来たチューニングショップのオーナーさん 再びR35で戦いませんか?
クラッチ付きのダイレクトなシフト感はありませんし特殊なクラッチや制御機能ですが、戦えるR35を作れるショップさんは沢山ある思います。 


ようやく手応えが見えて来たので RBエンジンクラッチマシンと同等の区間タイム 終速にまで来ました。
此処から更に加速させます。まだまだ加速!超最速!超煙!


22139769_839995702836307_1414762941_o.jpg
Photo By Hatayan


頑張りま〜〜す。




posted by KOYA at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記