2008年09月05日

焼けました。

ガニフラ 裏 磨き L型 アングル<

今日は、ガーニーフラップを焼きました。シュリンカーとストレッチャーでL型アルミアングルを湾曲させ、磨き上げ→カーボン張り込み→副資材処理→バキューム→焼き焼き(3H)冷却→バリ取り→終了 贅沢三昧 アルミの型その物でで良いのでは?
初のゴージャス仕様!


PS:週末のJDDA。天候はいまひとつですが?ドラちゃんは準備完了!
焼けてました。
明日到着しま〜す。

ドラ焼き屋さんの店主も車好き。その辺はチャンと理解してますね。

LAXの勝ちゃ〜ん!こんな感じナリ(コロスケ風)
posted by KOYA at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
JDDA3戦延期ですね。。。
残念。

・・そういえばスープラのドアとかも(以前Carboyに載ってたような感じの)バキューム&加熱のみの炉で焼いてるんでしょうか?
それともオートクレーブ使ってるんですか??

原付のカウルあたりから練習したいなぁ。。
Posted by nap at 2008年09月06日 02:51
JD残念です。次回期待しましょう。
ドアは加圧の代わりに特別に裏の型も用意してサンドイッチで加熱してあります。見た目よりも手間かかってます。
型で12点、パーツで6点構成で接着されています。
Posted by saburi3 at 2008年09月06日 07:31
成る程!
2枚の型で挟み込んであるんですねー
純正ガラスもいけるって事は
バキュームだけでも結構な強度が出るんですね

ますますやってみたくなってきた・・(笑!
Posted by nap at 2008年09月08日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18842484
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック