2013年05月05日

ファブリケーション

を!


昨日の遠足から若干の疲れ残してますが!
天気も気温もすがすがしいので


既にパイプ化されて来た、FD君のファブリケーションを続行中!
既に組み立てられていたパイプと0.6mmステップロール入れた板を溶接!


IMG_1577 (450x800).jpg


良く極太ビードローラーでの施工を目にしますが
そんなに太い物は本場でも使いませんよ。皆さん。

太いから ベコベコするし ソリ上がるんですよ。

極太使ってヒモだししてた時代は20年前しかも使っていた箇所は
タイヤタブのみです。
ローラー持ってる人!駒はたくさん持った方が良いですよ。


サブライブでは 1/8以上の駒は絶対使いません。
アルミには、テフロンの駒で押します。

この場所は ステップ(段付き)でしごいときました。

IMG_1578 (800x450).jpg

これを使えばロゴも浮き出させることも可能です。


隙間少なくして 煙がない車内を目指さないと・・・


隙間のあるマシンと使い倒してるマシンは、車内はモクモクになりますね。

思い起こせば?カーボンやり始めた理由も?
プロストックマシンのファブリケーションの進化から興味を持ったからね!
時代なんですよ!

今でも脱着しないシャシへの施工はこのようにスチールで溶接してますよ!



制作中の方もこれから作る方も参考に。






posted by KOYA at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | DRAG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66543702
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック