2014年06月17日

反省

317 (640x480).jpg



しかし! 色々な検証を行って

今回の修行で分ったこと!

やらかしてました。


1本目は 予定通り初のコースなので

TOYO S タイヤでNOS無し ロンチブーストでトライ

2本目以降は ドラスリに替えてNOSは検討中だった


しかし、忘れてました。


NOSのメインスイッチはリアの熱線から電源とってるんだけど。
(俺の車にはガラスがないから)シンプルで余ってるSW なので都合良かった。

1本目は NOSは出しもしないが一応、2本目以降のイメトレとしてオン!

でも出さない予定からハンドルのボタンも押さなかった。


2本目は押す気満々! ビデオ見ると3速から馬鹿みたいにハンドルのボタン押している。
(アホだ)

でも


ちゃんちゃん!  メイン電源切れてるよ!

3本目も同じ事してて 気が付かず・・

ドラスリスタートの成功にで喜んでいて舞い上がってた。







残念。


タイム表 改めて比べてみて確信!

全く3本とも中間加速なんら 変わりなし。


反省しかない。  昨日気がついていたが

悔しいので今日ご報告!



ここからは
福岡の丸源の吉田さんとのバトル話。


LAのかっちゃんを通じて知り合った方で

同じくR35オーナー 過去には HKSの全国大会で優勝して日本@になった人!

先日誕生日の45マグナム?! 


ノープランの俺に食事やお酒、宿泊先までセッティングして頂いて
助かりました。ありがとうございます。


当日朝4時に迎えに来て頂き、先導の元 熊本からオートポリス入り!

311 (640x480).jpg





絵図的にも並走でやりたかったし、ローカルルールもあるだろうと

常にクッツキ虫! 金魚のフン状態で 3度ともコースイン  

吉田さんも作戦錬っていたようで


318 (640x480).jpg



1度目の走行は 新調したDRAGラジアル ロンチ マニアルシフト!
2回目は 同条件 ATモード他と3回目までの計画立ててたみたいでした。

吉田さんの ロンチは LC1 ブーストはかからないが 4500スタート!

これは以前仙台で禁断のロンチ条件(デフ割れ ドラシャ折れ)
しかし、レースマスター タイヤ! いい仕事しました。

1本目4500のロンチで決まったブラックRは完璧に路面とマッチして飛び出していった。

あのスタートの差見たから ドラスリ履いたんだけど。
彼の過去のベストタイムも軽く更新11秒11だったかな?

俺は ブーストロンチだから若干レスポンス悪いので3300の0.4kでスタート!
ブーストかかってるからホイールスピン登場! ECUTEKの電子デバイスコントロール
ロムが入れてあるMAP使ったからいきなり減速2速入ってようやく本領発揮
区間タイムは11.28

走行会なので区間タイムでの申告タイムエントリーと表彰だと思ってました。
この時点で 吉田さん11.11 俺 11.29

でも
2人の目標は当然のJ切り。

大会自体の時間も短いのでとっとと2本目走行準備

このときに気づけば良かった(後悔)
 
2本目


俺は吉田さんの4500ロンチとレースマスターの猛烈ダッシュ見せつけられて
フージャーのドラスリ装着!
出だしはどう変化するか分らないが差が詰まらなかったらNOS出す気満々!

コースイン!  吉田さんはATモードを試すと言ってました。

俺は今からが本番、意気込んでブーストスタート!
初ドラスリは駆動系に優しく!ドッカンスタートでは無くマイルドな出だし!
何時もミートと同時に構えるんだけど全く普通!上での振られ感もなくゴール!
1本目でミラクルスタートを決めた、吉田さんは謎の車速制御が入り で


ゆっくりゴール!

俺のタイムは10.80 途中ボタン押した。 NOS感がないのも気がついてはいたが?
JETも大きいのもチョイスしてないし点火時期も落としたからマイルドなんだろうと思ってましたね。
そうとうアホです。通常ならエンジン音変わるくらい差が出るんだけど。

まっタイム見て1本目のタイムから比べて差が大きいのでNOSチョイ出たかと・・・


時間も迫ってきて。


3本目コースイン
3回とも同じレーンチョイス

今思えば変われば良かったかもね?

俺は2本目のNOS感が無いので チョイJET上げ!トライ
吉田さんは 1本目のスタートの戻しマニアルシフト!
俺は3度ともATモード

ツリーが付いて、レスポンスの良い LC1の4500ロンチは飛び出していき!
ブースト待って出て行く俺は出遅れ!

吉田さんの区間タイムは 11.01
俺は10.85変わらず!  でもこの時点では タイム表は見てなかったので知りません。


でも11秒エントリーなので俺は2本目で失格とは分ってたんだな。

大会も終わり11秒クラス表彰だったが? 吉田さんではなく別の方。

て〜事は????吉田さんも10秒台でオレ同様失格?

と残念だが嬉しい期待。。。。


その後3本目のタイムシートが配られたが 吉田さんは11.01 

えっ!


じゃ優勝じゃん!



さっきの表彰間違ってるねと二人で話してました。
その後問い合わせてみると R/Tも含めた11秒エントリーと知り????


何故か納得?  R/T+E/T でのタイム申告エントリーでしたか?

知らなかった。 しかし それは逆に優勝狙いは難しいな?

11秒を切らずにゴールできた人がチャンピオンなんですね。


そんなこんながあった


丸源 吉田社長との バトルの勝敗は2度先にゴール切られてるのでレースとしては負けでした。
区間タイムではブーストロンチとドラスリの俺に軍配でした。
全体で見るとどっこいどっこい!でしたね?  



は〜〜〜!  長い説明と作文でした。  昼飯食べよう。



LAのかっちゃん里ちゃん みてる? そんな感じでした。


posted by KOYA at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | DRAG
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99953315
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック